おはようございます

今週末にペット業界最大規模、第1回『ペットとの共生推進協議会シンポジウム』
が開催されるんだって。これはぜひ参加したい!!と思ったのだけれど
東京は遠いんだよなぁ。

週明けに誰かがブログ記事エントリーしてくれるかもしれないから
他力本願とやらでそれを待ってみるよ。

そして気になる記事を発見したよ
雑草見つけます!植生を守る犬たち:dog actually

外来植物であるウォードの生命力は非常に強く、放っておくとその土地に元々生えている草木の植生を侵し、牧草地や野生生物の生息地にも広がっていってしまいます。

ふむふむ…外来植物が本来の植物を脅かしているのか。
そういえばウチのみんなもセイタカアワダチソウにやられて
秋の花粉とかでクシャミばかりしていたよ。あれも外来植物だって言っていた。

モンタナ州立大学の研究者によって発案・トレーニングされたウォード探知犬が活動に加わったのが2011年。それにより、これまで人だと見落としがちだった群生していないウォードや、背の高い別の草などに隠れてしまっているウォードを発見することができるようになったそうです。

なるほど、探索犬かぁ。世界中で仲間の犬が活躍しているよね。
クレアも公園にはちょくちょく行くからね。
何だか妙な草を見つけたら教えてあげようかな。
問題は

「どうやって見つけたことを伝えるか」

だよね。
顔を見上げるだけじゃ伝わらないし
吠えたら怒られるし
鼻を鳴らしたら頭を撫でられるだけだしね。
ここが問題だよ。